ワインビネガー ラインナップ

venegar-pictカベルネ・ソービニオン
世界中で栽培されている代表的なワイン用品種。実は皮が厚く、作られるワインはタンニンを豊富に含むため、長い熟成にも耐え得る。香りが豊かで後味が深い、タンニンが少なくフレッシュな味わいのメルローやカベルネ・フランとブレンドされることも多い。カベルネ・ソーヴィニヨンのワインの香りはスミレ、ブラックカラント、杉、スパイスなどと形容される。

メルロー
同じボルドーの代表的なぶどう品種であるカベルネ・ソーヴィニョンに比べると、色はやや朱色を帯びており、その香りは、熟した黒い果物の香りがすると言われている。味は、カベルネ・ソーヴィニョンほど、酸味やタンニンは強くなく、芳醇でまろやかな味わいである。

ピノ・ノワール
フランス、ブルゴーニュを原産地とする。殆ど黒に近い、紫みを帯びた青色の果皮を持ち、主に醸造に使用され、赤ワインを造る代表的な品種の1つ。ピノ・ノワール種を用いた赤ワインは比較的軽口で、渋み、タンニンが少ない。このため、赤ワイン初心者向けと宣伝されることも多く、軽口で飲みやすいものが多い。

このサイトは「平成25年度小規模事業者活性化補助金」により作成しました。